開発現場でよく使われる開発言語をリサーチ

ソフトウェア開発に使えるプログラム言語は、その数が従来に比べて増えています。しかし実際に開発現場で使われている種類は限られていて、全ての種類に通じていなくともシステムエンジニアの仕事は十分にこなせます。そこでシステム開発のエンジニアになるには、開発現場でどのような種類が使われているかの状況を知ることが参考になります。そのデータに基づいて、主に使われているいくつかの種類のスキルを身に付ければ十分に要が足ります。どのようなプログラム言語を身につけるとシステムエンジニアの開発の仕事で有利であるかは、状況を知るため参考にできる情報源がいくつか存在します。

例えば開発技術者の求人案件が、習得するスキルを選ぶ際の情報源として参考にできます。求人案件では必要とされる技能などの条件が提示されている場合がよくあるため、求人案件で必要とされる人材の条件に合ったスキルを覚えれば、仕事の選択肢が広がります。またシステムエンジニアからのアンケート調査などの資料も参考にできるものとして挙げられるものです。開発現場で働くエンジニアたち自身から、仕事ではどのプログラミング言語が役立つかのアンケート結果があるため、参考にして勉強の指針は立てやすくなります。あるいは業界人が評価する仕事で役立つスキルのランキング情報を参考にするのも方法の一つです。ランキング上位に常連で挙げられるスキルであれば、習得して必ずシステム開発の仕事で役立てられます。
システムエンジニアが習得すると役立つ言語のランキングはこちらから<<<システムエンジニアが学ぶべき言語とは>>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です